So-net無料ブログ作成
検索選択

尖閣諸島 所有者 栗原家とは [政治と経済]

スポンサーリンク




尖閣諸島 所有者 栗原家とは


尖閣諸島、結局国が買うんですかね。
20億円とか。


最初は所有者石原さんにしか売らないって言ってたのに・・・
どういうことだよ。


東京寄付金17億円くらい集めてたやん。
ホントに国が尖閣諸島買っちゃったら金返せー!!ってならんのかね。


さてさて、この尖閣諸島買い上げ問題、
東京都の石原慎太郎都知事が、訪問中のワシントンでの公演中、
中国台湾と領有権をめぐって争っている沖縄県の尖閣諸島を
「東京都が買い上げる」と発言したところからです。


みんなあの時思ったはず


尖閣諸島って私有地だったんか?


と。



どうも尖閣諸島の5角島のうち、
魚釣島、久場島、大正島、北小島、南小島のうち
大正島以外は私有地なのだとか。



じゃあ、誰が所有者なのかというと、
どうも日清戦争以前から島を開拓してきた
古賀辰四郎氏という方が持っていたそうなのですが、

その古賀氏から1972年に埼玉大宮市の実業家であり、
地主の栗原家が買い受けました。



当時の譲渡額は約4600万円。
そして、さらにこの尖閣諸島に
総務省と借地権契約しているのだとか。



魚釣島、北小島、南小島の3つに賃借権がついていて、

魚釣島:約2,110万円/年
北小島:約 150万円/年
南小島:約 190万円/年

年間合計 2450万円らしい。



まさに金のなる島だなー。
そりゃー、20億円くらいで売りたくなるわ。



まあ、それはそれとして、
この所有者は日本と中国の尖閣諸島の争いについてどう思っているのでしょう。



「本来土地というものは、先祖代々受け継がれるもの。
私が所有者である限り、あの島は日本の領土です。」



とのこと。キタコレ。



にしてもホントに日本国にうっちゃっていいんでしょうかね。
なんか弱腰外交で心配なんだけど・・・


スポンサーリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。